妻 不倫 制裁

妻の不倫相手に制裁を下す

妻の不倫相手に制裁を下す。男と嫁さんが性交渉をしていた時に、法的な立場から情事と査定されます。ひっくり返して言えば、妻が他の男と性愛していないにもかかわらず、密会だと決めつけて怒って詰問すると、自らの方が不利になってしまいかねない。

 

上さんが車の後部座席で誰かとキスしていたのに・・・。

 

家内の帰ってくる時間があまりにも遅いので、会社に行ってみたところ、もう鍵が閉まっていました。

 

パーキングエリアに嫁はんの車があり、あろうことか男とキスをしているではありませんか。

 

私は失神しそうになってしまいました。

 

悔しさのあまり、車のドアを開いて大声で叱りつけて、間男の名刺を出させ、慰謝料要償を行いました。

 

ところが、何日かすると浮気相手の弁護士事務所から知らせが寄こされ、私がしてしまった行為は脅迫罪になる可能性が高いので、お巡りさんに被害届を送付すると伝えられました。

 

それに、車の助手席で接吻しただけでは不倫行為に該当しないので、密通の慰謝料を支払う債務は無いというのです。

 

私としてははなはだ昏迷しました。

 

家内が奸夫と口づけしている現場を見て、不倫に相当しないとはバカ言うなと考えました。

 

最終的に、示談になりましたが、当方と致しましてはやり切れない心境です。

 

妻の不倫に制裁

 

万が一にも家内の情事が発覚しても、自分の言葉で復讐は避けた方がいいです。

 

その理由は、自分自身で制裁を加えると、自分自身の立場が不利になってしまうからです。

 

相手が間違いを犯したからと言って、ワイフを叫んで叱咤してしまった時には、家庭内暴力と判断されて離婚裁判に訴えられたときに並々ならず自分の立場が不利になります。

 

痛烈な語調で糾弾されたので精神病になったと診断書を医師に書かれて、ママが裁判所に差し出してしまうケースもあります。

 

もしくは、間男のことを打ちのめしてやりたいと激昂する方もおられると思いますが、姦夫に対して害を与えると自分が罪人になってしまいます。

 

たとえ身体的暴行を働かなかったとしても、激しく叫んで叱咤してしまったら脅迫罪で被害届を出される場合も数多いです。

 

自分の言葉で懲罰を加えると、まさしくしがない幕引きになることが大抵である。

 

妻 不倫 制裁記事一覧

妻の不倫相手に制裁として慰謝料を請求する方法。嫁はんの密通が確認した場合はひどくぼうぜん自失ですよね。上さんの行動があからさまに無頓着になってしまって、ペアの間柄が悪化してきたと自覚し始めていたら、絶えずスマホを操作するようになってしまって、家事や育児をおおよそすることがなくなってしまって、外泊することがしょっちゅうになった際。家内の浮気が疑わしげな際の取り計らい技術。妹背のベッドインがリジェクト...