妻 浮気 制裁

妻の浮気相手に制裁

妻の浮気相手に制裁を加えて復讐する効果的な方法とは?

 

妻の浮気が発覚した場合、浮気相手に徹底的な制裁を加えてやりたいと思うことは男性として当然の反応ですよね。

 

愛する妻を汚されてしまった怒りと、信じていた女性に裏切られてしまったという悲しみ。

 

当事者にしか分からないこの苦しみを、他人に打ち明けたところで生半可な答えしかなく無駄です。

 

そこで、合法的な手段で、可能な限りの制裁を加える方法をご紹介させていただきます。

 

妻の浮気相手への制裁として、相場よりも高い慰謝料を請求する方法!

 

浮気相手に慰謝料を請求した場合、裁判に持ち込むと慰謝料の金額は200万円が相場だと言われています。

 

けれども、自分の妻と浮気をされて、たった200万円の慰謝料なんて安すぎると思いませんか?

 

浮気が発覚して、こちらの夫婦関係はズタズタですよね。

 

引き裂かれた夫婦関係を再構築することなんてたやすいことではないし、妻が素っ気無いそぶりをしたいり、怪しい行動をする度に、浮気相手と行為をしていた姿が脳裏に浮かんできて、精神が崩壊しそうになりますよね。

 

怒りで体の震えが止まらなくなることだって、何度もありますよね。

 

それなのに、法律的にはわずか200万円前後の慰謝料で済んでしまうなんて、とても感情が収まりません。

 

しかし、相場並みではなく、可能な限り金額を吊り上げて慰謝料を請求する方法があります。

 

決定的な証拠を掴んで、弁護士が示談交渉!妻の浮気相手に制裁

 

決定的な浮気の証拠を掴んで、弁護士が示談交渉することによって、1000万円の慰謝料を請求できたケースもあります。

 

慰謝料の相場が200万円というのは、裁判になった場合に裁判所が提示する金額であって、その前に示談で終らせるなら、当事者同士の話し合いとなります。

 

 

ただし、自分だけで示談交渉すると、激しい口調になってしまって脅迫罪で逆に訴えられてしまったり、女性が既婚者だとは知らなかったなどの言い逃れをされてしまいます。

 

浮気相手と会って話しているときに、相手が素直に応じなかったり、ふて腐れた態度を取ってくると、ムキになって怒り狂ってしまうことがほとんどですよね。

 

また、法律的な面で不備があって、後になって慰謝料の支払いをしなくなることも有り得ます。

 

なので、まずは探偵を雇って浮気の決定的な証拠を掴み、後は弁護士に任せることによって、自分の立場が不利にならずに話を進めることができます。

 

 

その際は、優秀な探偵と、しっかりと味方になってくれる弁護士を選ぶことが重要です。

 

優秀な探偵と弁護士を味方につけて、妻の浮気相手に制裁!

 

下手な探偵事務所だと、せっかく浮気の現場を抑えても顔写真が不鮮明でしっかりと認識できないものであったり、調査報告書がしっかりとまとめ上げられてないことも有り得ます。

 

あるいは、異常に高額な見積りや請求が来るボッタクリ業者の場合もあります。

 

また、弁護士にしても、客観的な立場から物を言うだけで、まったく自分の味方になってくれない人もいます。

 

もちろん法曹ですから、法律に基づいて意見を言うのは当然なのですが、クライアントをサポートする気持ちが無い弁護士にはがっかりさせられます。

 

ひどい場合には、「あなたにも落ち度がある」とか、「私は女性の権利を守る」とか、女性の見方しかしないで説教をしてくる人もいます。

 

 

そこで私が選んだのは、弁護士が経営している探偵事務所です。浮気や離婚問題に力を入れている弁護士事務所が、示談交渉や裁判には決定的な証拠が欠かせないので、探偵事務所を運営しています。

 

弁護士のプライドにかけて、絶対に負けないための証拠を掴み、慰謝料請求など必要なことをしてくれます。

 

→ 弁護士経営 探偵事務所

 

 

決定的な証拠が無くて失敗した事例|妻の浮気に制裁

 

決定的な証拠が無いままに、慰謝料請求をして失敗してしまった事例をご紹介させていただきます。

 

 

妻との夜の営みが無くなり、私に対する態度も冷たくなったと思っていた矢先、やたらと派手な服装をして出かけ、帰りが深夜になることが多くなりました。

 

浮気をしているのではないかと怪しみ、妻がお風呂に入っている間にスマホをチェックしました。そうしたら、LINEで男と恋人同士のようなメッセージをやり取りしているのです。

 

卑猥な会話や、自分の裸を撮った写真など、普通に考えたら浮気だという内容があって、愕然としてしまいました。

 

すぐさま妻を大声で怒鳴りつけ、浮気相手に慰謝料請求をすると言いました。

 

ところが、浮気相手にそのことを伝えると、不貞行為をしていないから、慰謝料を支払う義務は無いというのです。

 

私としては、妻と「愛している」とか「お前のことが好きだ」なんて言い合って、裸の写真をやり取りしていたら、立派な浮気だろと思いました。

 

訳が分からなくなって弁護士に相談に行ったところ、やはり「不貞行為」、すなわち妻と浮気相手が性行為をしたという証拠が無ければ、慰謝料請求は難しいと回答されました。

 

そんなバカなと思いましたが、今となっては泣き寝入りするしかなく、妻に大声で怒鳴ってしまったことで、旦那がDVだと言って実家に帰ってしまい、惨めな結果に終ってしまいました。

 

 

信頼できる弁護士に任せて公的な制裁を!妻の浮気

 

このように、妻の浮気相手に制裁したい場合には、信頼できる弁護士に任せて公的な制裁を加えることが肝要です。

 

自分で妻に激しく問い詰めたり、浮気相手に怒ったまま対応してしまうと、自分が不利になってしまうことが多いです。

 

自分は裏切られた被害者なのに、怒りに任せて行動してしまうと、自分が加害者になってしまい、惨めな思いをさせられます。

 

自分が訴えられて制裁を加えられる立場になるよりも、合法的に高額な慰謝料請求をして、長い期間に渡って支払いを受け続ける立場になる方がいいですよね?

 

→ 弁護士経営 探偵事務所